滝川晴子(たきかわはるこ)

 

姉妹の長女として生まれ「お姉ちゃんは出来て当たり前」

「お姉ちゃんなのにどうして出来ないの?」
他人の顔色ばかり見て、他人のサポートばかりしていました。

 

 

30歳で椎間板ヘルニアになり、

硬膜外注射や座薬、ボルタレンの服用で様子を見るも状態は悪化、
立てなくなり手術となりました。。

 

 

当時、娘が4歳&息子3歳。。

都会育ちで田舎のない私は

緑いっぱいの所で子育てをしたいと思い引っ越したばかりでした。。

主人は仕事人間で、帰宅が遅く頼れる人は誰もいません。。
結局、半年も経たずに親の近くに引っ越しました。。

 

 

これで、普通の生活が送れるはずだったのに。。

悲劇は繰り返されました。。

10年後。。

椎間板ヘルニアの再発。。

排尿困難を起こしており、またまた、緊急手術。。

退院後、1週間で再発 

再手術。。

車椅子での生活も宣告されましたが

リハビリも順調にいき、車椅子生活は免れました。。

 

 

さあ!もう大丈夫!!
と思った翌年。。

左足の痛みが再発。。。

4度目の手術。。

 


また痛みがくるんじゃないの??と思っていたら

本当に翌年やってきた左足の痛み。。

ここまできたら、心が崩壊していました。。

笑うことがなくなり、

友達との連絡も全て遮断。。

 

 

引きこもりです。。

 

 

今度の痛みは、椎間板ヘルニアではなく

今までの手術の後遺症で癒着からくる痛みだろうとの事。。。

 

 

原因がわからないと治療もしてもらえないんですよ。。
医者は患者が苦しんでいるのに助けてくれませんでした

 

 

人間不信への始まりです。。

 

 

痛みがあり立つことも出来ない私は

このまま寝たきり???

 


痛みは人には伝わりません。

見た目には何も変わりがないですからね。。

 

 

私は家から一歩も出ることなく

人との連絡を断ち切りました。

同情してほしくなかったし惨めだったから。。

 


残っていたボルタレン座薬だけが救いでした。

薬が効いている2時間だけが痛みから解放されるから。。
2時間おきに座薬。。

身体はボロボロになっていました 

 

 

そんな時に「炭酸整体」に出会ったんです。。

 


「身体のコリを取り除けば、痛みはなくなります。。」

 


人間不信に陥っていた私は、

その言葉を信じられませんでした。。

 

 

でも、今のままで終わりたくなかった。。
身体の中に電極を入れて痛みを取り除く手術をするか、

この「炭酸整体」を信じるか。。

 

 

私は「炭酸整体」を信じてみました。。

 


1年以上時間はかかりましたが

私は復活し、

同じように苦しみ悩んでいる人の為に治療家になりたい!!
そう思い、弟子入りをしたんです。。

 

 

多くの患者さんの痛みや苦しみを取り除いて

順調に来ていた4年目に更年期症状がやってきました。。

 

 

頭痛、吐き気、めまい、耳鳴り、食欲不信、不眠、ウツ。。
自分が更年期と認めるまで症状は悪化するばかりでした。。

 


一時は、治療家をやめる覚悟をしましたが

 

 

私のように苦しんでいる人を助けたい!!

苦しまないようにケアがしたい!!

 

 

そう思い

Woman Care〜パレ〜を開業しました

 

 

 

子供がいるから。。
仕事が忙しいから。。

自分の事を後回しにしても身体は疲れ、

イライラするだけです。。

 

自分だけの時間を取り

自分に向き合うだけで幸せな気分になりませんか??

ホッと一息つくだけで笑顔が戻ってきませんか??

貴方が笑えば貴方の周りの人も笑顔になります。。

 

女性が笑顔で幸せなら

子供も男性も全ての人が幸せになり、

争い事がなくなると思っています

他人の顔色を見る前に自分の顔色を見てあげましょう!!

 

身体の声を聞きながら心の声も全部出し切って

本当の貴方を取り戻しませんか??

 

                 私がそのお手伝いをさせて頂きます。。